【トヨタ・エスクァイア】ハイブリッド車とガソリン車のどっち?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

トヨタの5ナンバーミニバンであるエスクァイアのハイブリッド車とガソリン車について調べてみました。

実際のところこの2つは具体的にどこかに違うのか?

またどちらのタイプの方がお得なのか?

紹介していきます。





トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?

トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?引用:https://matome.response.jp/articles/807

今回はハイブリッド車における値段、外装と内装、スペックとそれぞれの要素をまとめてみたのでご覧ください。

ハイブリッドタイプの価格と外装

エスクァイアのハイブリッド車の値段は315.1~335.8万円となっています。

トヨタにおける5ナンバーミニバンの中でも高級感を特徴の一つとしているだけあって、少々お高めの値段設定となっています。

次にエスクァイアの魅力の一つに高級感のあるエクステリアがあげられますが、

その中でのハイブリッドタイプのガソリンタイプとの違いとして

トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/esquire/

フロントマスク中央とバックドアに付いているシンボルマークの色が、青色になっていることが挙げられます。

また、左右のサイドミラーの下側付近に専用のエンブレムが付いています。

後ろ側を見ると、バックドアにサイドミラー付近と同様のハイブリッド専用エンブレムが付いています。

少しの違いかもしれませんが、外観の細部にまでこだわりたいユーザーにとっては考慮すべきところです。

加えて、ハイブリッドタイプではフロントウィンドウに高遮音性ガラスが採用されているため、ガソリンタイプよりも遮音性が高いです。

静かに運転したい人にとっては大変有りがたい装備です。

ハイブリッドタイプの専用装備

ハイブリッドタイプの専用装備としてまず挙げられるのは、オプティトロンメーターです。

トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/esquire/interior/cockpit/?padid=ag341_from_esquire_in_cockpit02

これは昼間でもくっきりと見えやすい高質感のメーターであり、左側にハイブリッドシステムインジケーターが表示されます。

これが『ECO』表示の緑色の範囲内で走行すると、ハイブリッドシステムを活用しているやさしいエコ運転であることを示し、ドライバーに知らせます。

次に挙げられるのが、ハイブリッド専用オプションのインパネ一体型の大型コンソールです。

トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/esquire/interior/comfort/?padid=ag341_from_esquire_in_comfort06

これは小物類の収納に便利なだけではありません。

車内2ヶ所に設置されるアクセサリーコンセントは、ハイブリッドタイプならではの大容量電気エネルギーにより、停電時などに発電機としても使えます。電源は家庭用と同じAC100Vがボックス後端に設置されてるので、パソコンなどの家電用品に使用することが可能です。

最後にハイブリッドタイプ専用シフトレバーを紹介します。

トヨタエスクァイアのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/esquire/performance/eng_hv/

形状は小さめで、指で摘まむ感触で動かせます。

シフトレバーの操作が、軽い力で行えるため女性でも運転しやすくなっています。





トヨタエスクァイアのガソリン車の特徴は?

トヨタエスクァイアのガソリン車の特徴は?引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20170726-esquire-comparison

ここではエスクァイアのガソリン車について紹介していきます。

ガソリンタイプの価格と専用装備

エスクァイアは267.5~298万円となっています。ハイブリッドタイプと比較すると約40万円安くなっています。

初期費用でこれだけ違ってくると考えてしまいますね。。

外装に関してはハイブリッドタイプの箇所を参照してもらうとして、

ここでは、ガソリンタイプの専用装備について紹介します。

まず挙げられるのが、6:4分割チップアップセカンドシートです。

トヨタエスクァイアのガソリン車の特徴は?引用:https://toyota.jp/esquire/interior/space/?padid=ag341_from_esquire_in_space01#

これはガソリンタイプの中でも8人乗りのみに採用されているもので、580mmのロングスライドが可能です。

後方へスライドさせると成人男性でも足をゆったりと伸ばして座れます。

チップアップし前方へスライドすればサードシートへの乗り降りもしやすくなり、サードシートを跳ね上げれば荷物を大量におけるスペースが出現するので大人数、また家族で利用する方に是非お勧めしたい装備です。

次に紹介するのは、ツインムーンルーフです。

トヨタエスクァイアのガソリン車の特徴は?

https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-1980999/photo/0044.html

小さいお子さんのいる家庭、もしくは夜間のドライブデートで気分を盛り上げたいドライバーにとってはありがたい装備です!

これはガソリン車の7人乗りのみに設定されていて、リセールバリューにも関わってくるので該当するグレードを購入する人は是非ともご検討を。





トヨタエスクァイアの各燃費比較

トヨタエスクァイアの各燃費比較引用:https://www.sapporo-toyopet.jp/esquire/

ハイブリッド車とガソリン車の最大の相違点として燃費の違いがあります。

ここでは両者の燃費について紹介していきます。

ハイブリッドタイプの燃費と実燃費

トヨタエスクァイアの各燃費比較

ハイブリッド車では1L当たり23.8kmがメーカー発表の燃費となっています。

ハイブリッドシステムというものを採用しているためで、これが低燃費と低排出ガスに貢献しています。

更に実燃費に関して幅広いオーナー様方の意見を調査してまとめた結果、

某車燃費サイトで17.28km/L、某車口コミサイトで16.14km/Lとなっています。

購入した人はハイブリッド車で1L当たり16.14~17.28kmが実燃費だと実感しています。

メーカー発表の23.8km/Lと比べると物足りないという人もいるかもしれませんが、5ナンバークラスのミニバンとして考えると

大変に優秀な数字と言えます。

ガソリンタイプの燃費と実燃費

トヨタエスクァイアの各燃費比較

2WDと4WDで微妙な違いがありますが、ガソリン車の燃費は1L当たり14.8~16kmと5ナンバーミニバンのガソリン車として十分な数字となっています。

これはバルブマチック付エンジンというものを採用しているため、このような燃費消費率になります。

このエンジンの性能により低速から高速までパワフルな走りを実現するとともに、低燃費・低排出ガスなど優れた環境性能も持っています。

次に実燃費に関して、2WDと4WDに分けて見ていきます。

2WDは某車燃費サイトで11.73km/L、某車口コミサイトで11.42km/L、

4WDは某車燃費サイトで11.15km/L、某車口コミサイトで10.66km/Lという数字です。

まとめるとガソリン車ではだいたい1L当たり10.66~11.73kmがエスクァイアのオーナーの皆様の実感となっています。

カタログスペックの14.8~16km/Lと比べると、日常生活で使う分1L当たり約3~4km位落ちることになります。

燃費のまとめと元を取るには

トヨタエスクァイアの各燃費比較

まとめるとエスクァイアはハイブリッドで燃費23.8km/L、実燃費は約17km/L。

ガソリン車で燃費14.8~16km/L、実燃費は約11km/Lとなっています。

次に実売価格差の約40万円を埋めるためにはどうしたらいいのか計算してみます。

まず、1L当たりのガソリン価格はここ5年の全国平均価格である130円を採用します。

ハイブリッド車での実燃費17km/Lで1万キロ走行すると10,000÷17=588.2L。588.2×130円で7万6466円

ガソリン車での実燃費を11km/Lで1万キロ走行すると10,00÷11=909L。909×130円で11万8170円

118170-76466=41704なので1万キロ走行するとハイブリッド車はガソリン車に比べて4万1704円お得となります。

トヨタエスクァイアの各燃費比較引用:https://toyota.jp/esquire/

価格差40万円なのでざっくり10万km走れば元は取れる計算です。

これは燃費差だけの計算ですので、エコカー減税分まで含めると、

ハイブリッド Siの場合は14万2000円、ガソリン車のSiでは2万2100円が減税されるので、減税額の差は11万9900円です。

これも考慮に入れると約7万kmで元を取れる計算になりますので、

ガッツリ走る予定の人はハイブリッドタイプの方がお得になっています。

この計算と専用装備等も考慮に入れながらハイブリッドタイプとガソリンタイプどちらを買うのか考えていけばいいですね!!

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/esquire/

トヨタ・エスクァイアを70万円安く買う方法とは!?

トヨタエスクァイアの高級感あふれるデザイン
いいですよね!?

ガソリン・ハイブリッドや
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富で
いろいろ選べます!!

乗車人数も7,8人と
お子さんがいても余裕のある空間で、
家庭的でかっこいい一味違った
パパを演出できますね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「エスクァイア欲しいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
エスクァイアに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のエスクァイアを最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、エスクァイアの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

トヨタエスクァイアの関連記事はこちら!

【トヨタ・エスクァイア】不具合やリコール情報はどうなの?対応は?

【トヨタ・エスクァイア】口コミや評価評判を紹介!良い?悪い?

【トヨタ・エスクァイア】値段や費用どれくらい?グレードで違いは?

【トヨタ・エスクァイア】納期や納車は?いつ頃届くの?結構待つ?

【トヨタ・エスクァイア】燃費や実燃費は!?燃費向上している?

【トヨタ・エスクァイア】内装や内寸はどんな感じ?内装色は選べる?

【トヨタ・エスクァイア】値引き相場はどう?限度額を知りたい!

【トヨタ・エスクァイア】カラーの色見本は何がある?黒以外にこれ

【トヨタ・エスクァイア】試乗評価を紹介!試乗のポイントは何?

【トヨタ・エスクァイア】スペックや加速性能は?乗り心地は!?

【トヨタ・エスクァイア】エコカー減税で自動車税はどれだけ下がる?

【トヨタ・エスクァイア】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比較する

【トヨタ・エスクァイア】モデルチェンジ予想と情報!時期はいつ?

【トヨタ・エスクァイア】外寸や外装は?機械式駐車場に入るの?

【トヨタ・エスクァイア】自動ブレーキや横滑り防止機能の安全性は?

【トヨタ・エスクァイア】維持費やローンは?残価設定にするべき?

【トヨタ・エスクァイア】ハイブリッド車とガソリン車のどっち?

【トヨタ・エスクァイア】2WDと4WDでオススメはどちらか!?

ピックアップ記事

  1. エスクァイアのベースとなったのがヴォクシーなのは広く知られている所ですが、購入時にどちらがいいか迷っ…
  2. 発売されてから順調にユーザーを増やし人気を誇っているトヨタエスクァイアですが進化の年式による違いはど…
  3. トヨタエスクァイアはミドルクラスのミニバンですがドレスアップを考えるときに最初に行うのがタイヤ・ホイ…
  4. 今回はトヨタエスクァイアの後部座席の使い勝手はどうなのか、気になっている方もいるかと思います。…
  5. トヨタエスクァイアを購入しようと考えている方は多いと思いますがどのローンを使おうか迷っているのではな…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP